ヒートポンプは、低温部から高温部へ熱を効率よく移動させる技術です。少ないエネルギーで熱を集めて、大きな熱エネルギーに変えることから、高い省エネ効果を持ちます。また、直接燃料を燃やして熱を得る方式と違い、自然の熱を利用するのでCO2の排出を大幅に削減することができます。ヒートポンプは、”熱は高い方から低い方へ移動する”、”液体や気体は圧力を上げると温度が上がり、圧力を下げると温度は下がる”、という自然の法則を効率よく利用しています。

熱媒体となるのは、空気、水、土、岩石などです。これらの熱を、温度差による熱移動により冷媒が受け取ります。冷媒は装置内で圧力変化により温度調整され送風口で熱の授受を行います。温度を汲み上げている様子から、ヒートポンプと呼ばれます。

暖房の場合は、冷媒が受け取った外部の熱をコンプレッサーで圧縮し高温にします。そして室内装置の送風口にある凝縮器で熱を放出します。熱を放出し低温になった冷媒は膨張弁でさらに低温になり、再び熱媒体から熱を受け取ります。冷媒はこのように熱のやり取りをしながら、装置内を循環しています。

冷房の場合は、暖房の場合と逆の仕組みになります。最初のヒートポンプの利用は、製氷用冷凍機です。以来、主に冷熱用に使用されてきました。しかし近年技術の進歩で、熱利用範囲は-100℃から100℃程度にまで広がり、様々な分野で利用されるようになりました。

例えば家庭用では、冷凍庫、冷蔵庫、乾燥機、加湿器、エアコンなどに利用されています。さらに学校、病院など公共施設の給湯器、空調、工場内の加熱装置など、その利用は広範囲に及びます。アルファラバルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です