私たちは、日々生活する中で、きれいに浄水処理された水道を利用していますが、いつの間にか蛇口などに白く固まったものが付着しているのを、目にしたことがあると思います。これがスケールです。スケールの成分としては、カルシウムやマグネシウム、シリカがほとんどで、スケール除去をしないでいると、どんどんと堆積しトラブルの原因となります。どのような場面で、どのようなトラブルがあるのか、ご紹介したいと思います。

大きな工場や企業では、空調のため、水を使用しているところがあります。熱源のボイラーや冷却器と各部屋に設置された空調機をパイプが結んでおり、冷水や温水が通ることで、部屋の冷暖房管理を行っていますが、スケールが付着すると、まず、パイプ内が狭くなり、冷温水を送るポンプに負荷がかかってしまい、故障の原因となります。また、パイプ内も流れる水に偏りができ、負荷のかかる部分が浸食してしまいます。ボイラーや冷却器、各部屋にある空調機もスケール付着が原因で熱交換の効率が悪くなりますので、稼働のもととなる電気料金がかかってしまいます。

スケール除去をしないと、身体にも悪影響を与えます。水道管内に、カルシウムが溜まり、その水を長年飲み続けることで、関節炎を起こしてしまう可能性や、マグネシウムやシリカなどのミネラル成分も多くとってしまう事で、体調不良につながる恐れがあります。このようなトラブルを回避するためにも、定期的にスケール除去を専門の業者に依頼することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です