産業界において、広く行われているものにスケール除去があります。スケールには様々な意味があるものの、スケール除去として用いられる場合には、カルシウムやマグネシウムの堆積物、いわゆる水垢を表すことが多く、製造業においては、鋼を570℃以上で加熱した場合に生じる酸化鉄を作る現象によって生成される被膜のことを表しています。日常生活においても、車のガラス面に付いた場合や、鏡の表面などに付いた場合などでも用いられ、生成された箇所や範囲によって、配管スケール除去や酸化スケール除去などと呼称されています。1例としては、配管における除去が広く知られています。

配管では、水に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカといった無機質塩類化合物が付着することで発生することになり、非常に硬く水に溶けにくいために、いったん固着をしてしまうと除去するのが非常に難しくなります。また、放置をすることで給水管はさらに通水がしにくくなり、水を多用する製造現場では大きな影響を受けることになります。場合によってはボイラーやポンプの故障の原因にもなり、生産効率が低下するだけでなく、メンテナンスや機械の交換など大きな出費につながってしまいます。除去方法に関しては、管内に薬剤や研磨剤、改質剤を通すことで対処されることが多く、ここで使用される技術に関しては専門業者それぞれによって違いがあります。

配管のスケール除去は、他にも、マンションなどの住居などで利用されることも多く、身近な施設としては、温泉などを上げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です