水の中には目には見えていないだけで様々な成分が含まれています。たとえばカルシウムやマグネシウムなどが一例としては挙げられますが、そうした成分が水道管などの設備内に付着してしまったものがスケールの正体です。スケールが発生すると水道管の閉塞、詰りや水の逆流、停滞などが引き起こされやすくなります。スケールは、そのもととなっている成分の性質上、非常に硬く水に溶けにくいのが特徴です。

そのため一度、できてしまうとスケール除去するのは相当に大変なことだと言えます。ですがスケールは、放置しておくと様々な問題を引き起こす要因になることもあります。たとえば大規模工場などにおいては、給水は機械の熱調整に大きな役割を果たしていることがあります。そのためスケール除去しないでいることは、熱効率の著しい低下、それに伴う生産効率の悪化などを生み出す恐れがあります。

またそれで機械が壊れてしまったり、定期的なメンテナンスが必要になったと言う場合には、そのための費用も発生してしまいます。そしてこのことは大規模工場などに限らず、一般家庭における普通の生活にも大いに関係があることです。水道管に関しては勿論のことですが、普段の生活の中で見られることが多いスケールのひとつがトイレの尿石です。これは尿に含まれるカルシウムによって発生したスケールです。

これは見た目的にも良いものではありませんし、水道管などに発生した場合は、やはり水の出が悪くなると言った影響も考えられます。ですからスケール除去は、水を利用している場面であれば必ず行うべきものだと言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です