スケールとは、水の中に含まれている不純物が、水を使用する機械製品の水路の内面に付着することで発生する酸化被膜の一種であり、一般的には水垢とも呼ばれています。現代においては水を水管などを使用して機械類や設備類の中を通し、様々な目的のために使用しているため、スケール除去がとても重要になってきます。例えば工場では製品の製造の際に発生する熱を冷やすためなどに使用されていますし、自動車などにおいてもラジエターなどで水を使用することがあります。また、多くの家庭やオフィスなどの建物には水道がひかれています。

これらの機械類や設備類では、いずれもスケールが発生します。スケールが発生すると、様々な問題を引き起こします。例えば冷却水であれば、水管の壁面に酸化膜ができることで水と外部との熱伝達効率が低くなり、工場の機械や自動車のエンジンなどで発生する熱を冷やす働きが低下し、最悪の場合には故障に繋がります。また、水道管の内面にスケールが発生すると、水が流れにくくなるために高い土地や高層階での水の出が悪くなります。

また、水垢は多孔性の表面のため、細菌類の繁殖を招いて健康被害も引き起こす恐れがあります。従って、スケール除去が重要になるのです。スケール除去を行うためには、水にデスケーラーと呼ばれるスケールを溶かす薬品を混ぜる方法が一般的です。水と一緒に流れることで、その流路にあるスケールを除去することができるからです。

スケール除去の必要がある水管は、長大であったり細かったりするため、ブラシでこするなどの機械的な方法が使えないためです。但し、スケールを除去する薬品は洗浄力が強い半面、生き物や環境への影響も強いため、使用する場所や時間、量などを厳しく管理して使用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です