スケールとは水に含まれるマグネシウムやカルシウム、シリカなどの無機塩類化合物が設備などに付着した物の事です。とても硬くて水に溶けにくく、一度くっついてしまうとスケール除去は難しいです。スケールを構成している物質によって、マグネシウムスケール・カルシウムスケール・シリカスケール・スライムに分類されます。全ての物質には水に溶ける量の限界があり、これを溶解度と言います。

溶解度を超えた量の物質は沈殿していきます。これがスケールの基になります。スケールは放っておくと給水管を塞いでしまいます。工場などの製造現場では、配管に詰まったスケールはボイラーなどの故障の原因になり、熱効率や生産効率などを下げてしまいます。

そうなると、メンテナンスを頻繁にする必要があるのでコストも増えてしまいます。スケールの対策は早めにする方が良いです。水道が詰まりやすくなったり、ガス給湯器が着火しにくくなったりしたらスケール除去した方が良いです。スケール除去の方法はいくつかあります。

赤錆剥離・除去電磁気装置は効果の持続性が高く、薬品を使わないので安全性も高いです。機器の装着が簡単で、メンテナンスは必要ありません。薬剤洗浄は、即効性が高いです。洗浄前と洗浄後との効果が分かりやすいです。

薬剤注入は管理の手間が少なく、設備を止める必要がありません。軟水器・RO膜・ろ過器は原因の成分を取り除くので、スケールが発生しなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です