デスケーラーは熱交換機の洗浄、ポンプやコンクリートミキサー、射出成型機など様々な分野で活用が行われている洗浄剤です。プレート式熱交換器などの場合、ガスケットの剥離や取り付けの手間が不要になる、シェル&チューブ式の熱交換器は固定管板のシェル側部分の洗浄が出来る、銅製二重管式では銅製品への洗浄が可能になるなどのメリットを持ちます。従来洗浄するためには手間や時間、コストが掛かっていたものを手間暇を掛けずにきれいに洗浄が出来る事や材質に応じて洗浄が困難だったものがデスケーラーを使う事で可能になるなどのメリットを持っています。樹脂成形の現場で利用が行われてる射出成型機は樹脂材料を成型機にセットすると、内部で高温度に加熱を行い、樹脂材料はドロドロの状態になり、材料を噴射するような形で金型に流し込みます。

この時、冷却水を利用して急激に温度を下げて樹脂部品が製造される事になりますが、冷却水は常に安定した水量で流し込まなければなりません。使い続けていると冷却水系が詰まってしまい、必要な時に冷却水を送り込めなくなり、成型が行われた部品は不良率が高くなるリスクに繋がってしまいます。冷却水系の洗浄は手間が掛かると言われているのですが、デスケーラーを利用する事で微細な冷却ランも僅かな量できれいに洗浄が出来るようになります。洗浄と聞くとブラシなどでゴシゴシと磨くようなイメージを持つ人も多いかと思われますが、デスケーラーは液剤の力できれいにしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です