ろ過器とはフィルターなどを通すことで汚れやにごりを綺麗にすることが出来る装置をさします。人間の生命活動に必要な水は、現代では多くが色んな形でろ過器を通して綺麗になり、飲み水や生活用水として利用することができるのです。熱帯魚などを飼う趣味がある方はどうしてもろ過器からは離れられません。水槽の中を綺麗に保つために必ずいるものだからです。

種類としては水中の糞や水草の枯葉などのゴムを網やスポンジなどでひっつけて取り除く方法である物理ろ過、水中の濁りや黄ばみの原因となっている物質を吸着したり分解するように作られた素材を使って水を綺麗にする化学ろ過、フィルター内にバクテリアなど微生物の棲みかをつくり、そこに定着した微生物の働きによって水の不純物や有機物、有害物質を取り除く方法である生物ろ過の3つがあります。初めて水槽を設置した時には水槽内では魚の糞や餌の食べ残しなどからアンモニアが発生します。アンモニアは強力な毒性を持つので水槽内にこれが溜まってしまうと魚が生きられない環境となってしまうのです。毎日濃度を薄くするために水換えを行えば大丈夫ですが、それは大変なので現実的ではありません。

そのために人間が毎日管理しなくてすむように、有害物質を無害なものに変えていく仕組みを水槽内で作る必要があります。アンモニアを無害化する働きは複数のバクテリアが担当していますので、水槽を立ち上げるときにはまず生物ろ過の仕組みを作ることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です