ろ過器というと、一般的には水などの液体を綺麗にしてくれる機器だと認識されています。しかし数ある機器の中には、工業用あるいは化学用などに使用される特殊なものもあります。しかし、それらは一般消費者にとって殆ど馴染みの無い種類の機器ですので、ここでは除外して考えます。一般消費者にとって最も有名なろ過器というと、水槽用のろ過装置が挙げあられます。

これは金魚や熱帯魚などの観賞魚を飼育するために必要な機器の一つであり、大きく、淡水用と海水用の二つに分けられます。そして、それぞれに水槽の大きさ(水量)に応じた適正サイズの機器が販売されています。その基本的な仕組みは、フィルターによる物理ろ過とバクテリアによる生物ろ過によって、観賞魚にとって住みやすい水質を維持するのです。こうしたろ過装置は、観賞魚を取り扱っているペットショップやホームセンターなどで手軽に購入可能です。

また、飲料水用の簡易ろ過器も一般的に広く普及しており、自宅キッチンの水道に装着している消費者も多いものです。最近では装着タイプだけではなくて持ち運びに便利なタイプのものもあり、キャンプなどのアウトドアで使用したり、災害時の非常用持ち出し袋の中に入れておくなど用途や目的も広がってきています。いずれにしても、ろ過器とは普段はあまり目立たない地味な存在ではありますが、我々の生活を豊かにしてくれる大切なものだと言えます。それぞれの使用目的に応じて、最適な機器を使用したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です