熱回収はサーマルリサイクルと呼ばれるもので、熱が発生するような場所に置いてその熱エネルギーを大気にそのまま放出するのではなく再利用を行って熱エネルギーを回収し利用することを指します。最もよく使われている現場としては廃棄物処理を行う焼却場で、焼却に伴う熱エネルギーを回収し給湯や発電のために用いるということはよく行われているものです。一方でこのような大規模な熱回収だけでなく、熱が発生するような装置では効率を良くするために行われていることがあります。熱回収といっても様々な種類があり、温めなければならないものの場合には熱エネルギーそのものを再利用するというのは行われますし、一定の冷却が必要の場合には熱によって発生するお湯を再利用するといったことが行われるものです。

また、それほど高い温度にならなくても発電をするシステムが登場し電気エネルギーとして回収するという方法もあり、この場合には機器のコントロールや照明と言ったことに幅広く使うことができます。仕組みとしては複雑になるとメンテナンスが負担となりますし故障すれば、作業効率にも悪影響を与えるため適切なものを選ぶ必要があります。一般的なボイラーで使われている方法では、あらかじめ燃料となる重油などを加熱し燃焼効率を高めるという方法が用いられていますし、廃棄される熱が通る煙突から熱エネルギーを取り出す方法であれば、熱源となる機器に直接影響を与えることがないため、故障した際の影響を最小限にすることができるものです。熱回収のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です