温室効果ガスという名称を、新聞やニュースで一度は目にされたことがあるでしょう。1990年代後半から世界各地で平均気温が上昇しており、北極では永久凍土が約40%が失ってしまう事態となりました。この原因が温室効果ガスであり、おもに二酸化炭素・メタンで構成されています。日本のような地震大国だと、地中深くに眠っているマグマの影響で自然とメタンガスが発生しているのが特徴です。

このメタンガスの発生を食い止めるため、日本やイタリアでは熱回収装置をもちいて回収しています。さらに再生可能エネルギーという形で電気を生み出すパワーへと変換するようにもなりました。熱回収をおこないながら電気を生み出すには、熱交換器という専用の機器が必要です。熱交換器のおもな特徴としては、地中の約200m付近まで専用パイプを埋め込む点です。

このパイプを伝って吹き出てくるメタンガスを熱回収したうえで、タービンを動かすパワーへとコンバートします。タービンが発電装置となっているため、回転することで電気が生れるというわけです。国内では2010年から熱交換器を省エネ推奨機器に指定されました。これにより新たに機器を導入する個人・企業に対して、最大で45%の補助金を支給されるに至っています。

自家発電装置という側面もあるので、電気を生み出せば各施設内で自由に使用できるというのも注目されている点です。今後もさらに、熱交換器は普及していくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です