廃棄物を処理するには焼却して処理を行うことが多いのですが、その時に大量の熱と二酸化炭素が発生しその熱を有効活用する熱回収も同時に行います。廃棄物処理には熱エネルギーを必要とすることが多く、まとまった量の熱エネルギーを発生せるために燃料を燃やすという方法がとられます。その時に使用される燃料はおおむね石油が使われますが、石油の埋蔵量は有限であるだけでなく二酸化炭素が発生するので環境に悪影響を与えてしまいます。そこで廃棄物を処理する時に燃やす時に発生する熱をエネルギーとして活用する熱回収なら、廃棄物が燃料の役割を果たすので石油を消費せず、二酸化炭素も削減できます。

つまり熱回収は石油資源の減少や環境汚染を心配することなく、利用できるエネルギーとして注目を集めるだけではなく企業にとってもコスト削減できるのでメリットがあるのです。それから熱回収の具体的な例としてはボイラーの活用が挙げられますが、ボイラーを沸かす際に高熱の燃焼排気ガスが発生します。そのため燃焼排気ガスを有効活用して給水予熱を行うことができますが、一般のボイラーの熱効率が80パーセント程度なのに熱回収を行うボイラーなら95パーセント程度になります。またゴミが発電はゴミを焼却処分する際に発生する熱で火力発電を行うゴミ発電は、化石燃料の代わりにゴミを燃やしたときに発生する熱を利用します。

このように捨てるはずの廃棄物を活用することで、地球環境に対して好影響を与えコストもカットできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です