様々な分野のプラントや施設などでは、プレート式熱交換器を導入しているケースもあるはずです。このタイプの熱交換器はシンプルな構成で可動部も少ないため、他のタイプと比べて故障やトラブルの発生率も低いのが特徴。しかしやはり長期間にわたりハードな環境下で使用し続ければ、プレートガスケットにスケールが蓄積したり、貫通割れまで発生するなど、どうしても経年劣化が進んでいきます。このような状態を放置し続ければ、有益なエネルギーを回収できてないため、生産量の低下どころかトラブルによる運転停止によって、生産そのものがストップしてしまいます。

このような重大なリスクを回避するためにも、普段からこまめな点検や定期的なメンテナンスが欠かせません。例えば点検をしたところ、熱交換器が本来想定された能力を十分に発揮していないことが判明したら、伝熱プレートの汚れが原因かもしれません。スケールと呼ばれる汚れが伝熱面に付着して蓄積していくと、やがてスケール層を形成し、それが伝熱抵抗となって、機器の能力低下へとつながります。これ以外の原因としては、配管が図面通りに設置されていないことが挙げられます。

プレート式熱交換器は流体の流れ方によって性能が変わるもの。例えば対向流として設計されているにも関わらず、機器を並行流で配管してしまうと、本来の伝熱性能が確保できません。所定の熱交換器が設計図の通りに正しく配置されているのか、もう一度よく確認する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です