ボイラーや熱交換器を使い続けていると、内部や配管内に水垢(スケール)が蓄積されていきます。内部や配管を洗浄したとしても、スケールはなかなか除去できないものです。水垢は水に含まれるマグネシウムやカルシウムが固まったもので、その他にも不純物が蓄積されたものです。一度内部や配管内に水垢が付着すると、そこにどんどん蓄積されてスケールとなるわけです。

マグネシウムやカルシウムが蓄積されると、自然に水に溶けることはありません。蓄積された固形物は、水の流れを悪くするだけでなく、ボイラーや熱交換器の働きを阻害する恐れがあります。それ故、定期的に除去する必要があるわけです。熱交換器の仕組みとしては、熱源で発生された熱が配管を流れる水によって行われます。

熱は配管から水に伝わるので、水垢が付着していると熱伝導率が低下します。熱伝導率が低下したまま熱交換器を稼働させると、余分なエネルギーを消費することになります。それはランニングコストの増大を招くと共に、地球環境にも負荷を与えるものです。さらにスケールが蓄積すると配管の詰まりにつながり、水流が逆流する恐れがあります。

ボイラーや熱交換器に付着したスケールは、ブラシなどで擦っても殆ど除去できません。除去するには専用の洗浄液が必要となります。その多くは強い酸性があり、酸の力で水垢を溶かすわけです。水流用配管の使用には水垢の付着がつきもので、こまめに除去するのが長持ちの秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です