熱交換器とは違う物質に熱を交換するためのもので、身近なものとしては車やエアコンのラジエーターなどがそれにあたります。車の場合には冷却水で、エアコンの場合にはフロンガスなどが媒介として使われ熱を移動させることによって様々な目的を達成することができるものです。ガスを用いた熱交換器の場合には、浄化されたガスが使われるため長期間にわたって問題なく利用することができますが、コストが高くまたメンテナンスも専門の機器が必要になるため使いやすさという点ではあまり優れていません。一方でよく用いられる方法としては水を使ったもので、多くの場所に使われていますがこの水を使った熱交換器ではスケールが発生する問題があります。

スケールは水に溶けているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が、分離して個体となってしまうものでこれが配管内に付着してしまうものを指すものです。水質の悪い上水道でもよく見られる現象ですが、元々は自然の成分ですからそこを通る水には影響はありません。しかし、熱交換器の場合にはこのスケールが効率を下げることになります。スケールは水が通る配管の中で発生し付着しますが、これにより水の流れを妨げるだけでなく配管の熱伝導率を低下させ下がってしまいます。

放置すれば完全に塞いでしまうということもありますし、熱伝導率が下がればそれだけ無駄に熱を放出してしまうことになり、冷却を目的とした熱交換機器の場合には機械の故障につながってしまうものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です