デスケーラーはボイラーの内側に付くスケールを取り除くために開発された薬です。スケールについてはカルシウムやマグネシウムの硫酸塩などで構成されている成分を指します。熱交換器やボイラーでは、水が蒸発してその中に含まれている溶けにくい成分、あるいは揮発しにくい溶解成分が濃縮、析出し伝熱面にくっつきます。つまりスケールが蓄積してしまうということです。

蓄積したものはボイラーにおける対流を妨げます。そのことによって伝熱面が破損するかもしれません。高温高圧のボイラーにおいて、特によく破損します。デスケーラーが壊れないような使い方をしなければいけません。

使用する際、給水時の前処理だけではなく装置の掃除もしてください。強力な酸でスケールを溶解、除去できます。ただし強い酸は金属を腐食させてしまいますから注意しましょう。最新のデスケーラーは従来のものより腐食しにくいでしょう。

最新のデスケーラーは、添加剤の作用がいかされている、洗浄にかかる時間を短縮したものです。また安全性も従来のものより高いです。その作業中、皮膚に付いてしまっても影響は少ないでしょう。廃液が気になっている人もいるかもしれません。

廃液に関しては基準値を満たすことができるように作られていますから、複雑な排水処理をする必要はありません。中和処理のみで廃棄できます。市場には様々なデスケーラーがあります。ホームページなどを見て、最適なものを選んで導入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です