アルカリ洗浄液には日常使用可能な溶液と、業務用の溶液があります。まずこの溶液の特徴ですが、油分を分解することにあります。その為日常で使用するものはアルカリ洗剤と呼ばれ、食器洗浄に用いることが出来る品物です。日常で使用する場合においては、油を分解するという特性上人間の手の油分も分解して落としてしまう為、手荒れなどに注意する必要性があります。

特に軽度な油汚れを簡単に落とすことが出来るのが日用品のアルカリ洗浄液になりますが、簡潔に汚れを落とすことが出来る品物が限られており、固着してしまった油汚れはアルカリ液が浸透するまでに油の油分で弾かれてしまうという欠点を持ちます。この欠点を解消した物が業務用アルカリ洗浄液で、浸透力を強めたアルカリ溶液です。浸透力が強くなった分効率的に油分を分解することに長けており頑固な油脂を取り去ることに用いられます。その為、扱いにおいては浸透力および溶液の濃度が高いため手袋をしていないと溶液の力で手の油分がすべて分解されることもある溶液です。

業務用とありますが特に扱いに関しては誰でも扱いが可能で、溶液自体がアルカリ性であるというだけで金属を溶かす力も無いが故強力な洗剤であるという認識でも大丈夫です。しかし、扱いを誤ると清掃に用いた商品が腐食したり、商品を傷める結果になる為扱う場合においては、アルカリ洗浄液は適している商品にアルカリ洗浄液を使用してもよいかを確認する必要性があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です