普段キッチンや掃除に使用する家庭用洗剤とは異なり、工場などでは、しつこい油汚れも簡単に落とせる洗浄液を使用しています。一般家庭で使用する洗剤は、中性や弱アルカリ性のものがほとんどで、これはPHの数値で現わせば7から11の間です。一般家庭用の洗剤は素手で触っても安心で、使用しても素材を傷める心配もないようにアルカリ性の強度が弱いものになっています。工場などで使用されるアルカリ洗浄液はPHの数値でいえば11以上のものが多く、その分強い洗浄力を持つのが特徴です。

アルカリ性の強度が強いことで、一般の家庭用洗剤では落とせないような汚れを強力に落とす効果があります。工業用のアルカリ度の高いアルカリ洗浄液は危険度も高いので、取り扱いの際には一般家庭で使うような方法ではなく、ゴム手袋などをはめることは必須なうえ、使い方によっては使用する素材そのものを痛めてしまう可能性があるものです。また、工業用アルカリ洗浄液は、どんな用途に使うかに合わせてそのままではなく希釈して使用するものが多いのも特徴の一つです。希釈することで洗浄液の濃度が薄くなればアルカリ性の度合いも弱くなるのですが、それでも一般の家庭用洗剤よりもはるかに強いアルカリ性を持つ場合がほとんどです。

使用する素材の性質などを考慮したうえでアルカリ洗浄液の希釈度合いを決めるのですが、専門知識も必要とされ、取り扱うには慎重を期すことが求められます。近年は工業用でも高い安全性を兼ね備えるアルカリ洗浄液もあり、洗浄力が強力なのに素手で触れることもでき、素材への影響の低いものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です