家庭で利用される洗浄液には、いくつかの種類があります。主に酸性洗浄液・中性・アルカリ洗浄液といった、pH(水素イオン濃度)ごとに分類され、決められていくのです。酸性には塩酸や硫酸といった無機酸や有機酸を配合しているものは、主にトイレ用品に利用されています。中性洗剤は、食器などを洗う際に利用されることはご存じの方も居るかも知れません。

一方のアルカリ洗浄液は、ガスレンジやコンロなど油汚れの多い部分に利用されることが多いのが特徴です。次亜塩素酸を用いたアルカリ洗浄液は、お風呂のカビ取り剤にも用いられ汚れなどによって利用される種類は覚えておくと損はありません。工業用に利用されているアルカリ洗浄液は、工業製品を製造されるときに製造工程で付着する油汚れに強い効果を発揮します。たんぱく質などにも効果を発揮しますが、アルミニウムを溶かす性質も持ち合わせているためアルミニウムを利用している設備には専用の洗浄液が必要です。

注意点としては、人の皮膚も分解してしまうため取り扱いにはゴム手袋などを利用することが必要になります。特にpHの高いものについては、危険なため厳密な管理が必須であることを覚えておくと良いでしょう。工業製品の種類ごとにも、利用する種類は細かく分類されています。例えば人の体に直接触れる可能性の高い、医療用機器については特に厳密に仕様要件が定められているため専用の洗浄液を利用する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です