スノボー, バスツアー, 旅行関連

日帰りスキー バスの中での過ごし方

日帰りスキーツアーを利用してゲレンデに向かうという方法がありますが、実際のところ道中のバスの中はどんな雰囲気なのでしょうか。バスの中ではどのように過ごしたら良いでしょうか。快適に過ごすために三つの方法について考えましょう。一つ目に、バスの中は非常に乾燥しています。

一定の温度に保たれるように温度管理はされていますが湿度が全くと言っていいほどありません。それで喉を乾燥から守る準備をしましょう。マスクは乾燥した空気から喉を守る上で役立つでしょう。またマスクはゲレンデが吹雪いた時にも役立ちますので準備しておくと便利でしょう。

さらにのど飴や飲料水なども持参すると良いでしょう。二つ目にバスの中で仮眠を取るためのアイテムを準備することです。日帰りスキーツアーの会社にもよりますが席の指定ができないこともあります。それでエンジン部の近くやタイヤの近くは音がうるさいため仮眠することが難しいかもしれません。

それで耳栓やノイズキャンセラー付のイヤホンなどを準備しておくなら外の音を気にすることなく仮眠を取ることができるでしょう。三つ目に車内の服装について考えましょう。長時間のバスでの移動は体に大きな負担をかけます。個人差はありますが、体、特に脚部がむくむことがあります。

それでバスの中ではスリッパに履き替えるなら楽になります。またタイトなズボンは避け、ゆとりのあるズボンを履いていくなら余分なストレスを感じることなく過ごすことができるでしょう。以上の三つの点に気をつけるなら日帰りスキーのバスの中を快適に過ごすことができるでしょう。スキーツアーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です