尾瀬のトレッキングツアーは山小屋宿泊付きがおススメ

  • 宿泊込みの尾瀬ツアーは広範囲で散策できます

    • 尾瀬は、気軽に行ける高原エリアの避暑地として長年の間人気が高い群馬や福島にある国立公園ですが、日帰りで行ける事に加えて1泊3日・2泊4日といった宿泊が可能なプランも設定されています。

      関西でゴルフ情報は見逃せません。

      1泊3日といった日程になるのは深夜に都心を出発するスケジュールを採用しているからであり、バスツアーの場合は車中で仮眠を取って日の出頃にトレッキング開始となります。
      早朝初の場合は、6時台や7時台に都心を出発して昼前から歩き始めるのが一般的なので、広範囲にわたって山歩きを楽しみたい場合や体力自慢や健脚自慢の方は深夜発を予約するのがお勧めです。


      尾瀬エリアには15か所前後の宿泊ができる山小屋が設置されていますが、1泊3日の場合は夕飯と朝食がセットになっている事が多いので、食事の面で心配する事はないでしょう。



      初日と2日目の昼食に関しては自分で準備する必要があり、あまりかさ張らない調理不要のおにぎりやパン・常温でも保存できる真空パックの惣菜・バナナといった食品を持っていくと2日目でも安心して食べられるでしょう。
      尾瀬の宿泊付ツアーで気になるのは入浴についてですが、シャンプーといった日常で使っている製品に関しては使えないので、汚れはシャワーで流す感じで入浴を行い、多くのツアーが帰りの道中で温浴施設に立ち寄る事から、タオルや下着類を多めに持っていくと良いでしょう。トレッキング中に汗が気になる場合は、抗菌のウェットティッシュの利用や臭いが付きにくい肌着を着用するといった工夫も必要です。



top