尾瀬のトレッキングツアーは山小屋宿泊付きがおススメ

  • 尾瀬のトレッキングツアーは山小屋宿泊付きがおススメ

    • 尾瀬は群馬・新潟・福島の3県にまたがっている広大な高原地帯となっており、尾瀬国立公園として指定されているので開発は制限されています。

      小豆島ツアー についてわかりやすく説明しています。

      自家用車で行くには尾瀬周辺にある有料・無料駐車場に停める必要があるので、乗り継ぎなしで行く事が可能なバスツアーが便利と言えます。



      ツアーは日帰り・宿泊込に分かれていますが、体力に自信があって多くのエリアを散策したい場合は宿泊をした方がおススメであり、散策路には15か所前後の山小屋や宿泊施設が設置されていて、バスツアーを予約する際に山小屋の確保も行う事が出来ます。
      ツアー会社は1泊2日か2泊3日のプランを提供しているので、自分の体力や散策したいエリアの距離を考慮して宿泊日数を考えましょう。


      山小屋に宿泊する際は、尾瀬エリアは厳しい環境対策を実施しているために、水質汚濁の原因となっているシャンプー類・石鹸といった日用品類の使用をする事は出来ないので、お風呂に入る際は汗を流すイメージで入浴すると良いでしょう。



      散策中の汗や臭い対策としては、抗菌仕様のウェットティッシュを持参しておくと2日目の散策も快適に行えます。
      山小屋に宿泊するプランで尾瀬に滞在する場合の食事は、1日目の夕飯・2日目の朝食が付く事が多く、それ以外の食事に関しては自分で準備する必要があるので、常温でも保存が可能なバナナ・ゼリー飲料・おにぎりやパン・野菜ジュースを持参しておくとバランスが良い食事になります。

  • 基本知識

    • 尾瀬国立公園は日本を代表する自然が豊かなエリアとなっており、関東からは日帰りで行けるエリアである事から大変人気の高い観光地と言えます。バス・新幹線で行ける日帰りツアーがあるのはもちろんの事、1泊2日・2泊3日という山小屋宿泊プランも多くのツアー会社で提供しているので、高原植物の鑑賞・日頃の喧騒を忘れるための散策等が楽しめます。...

  • 旅行の重要知識

    • 尾瀬は、気軽に行ける高原エリアの避暑地として長年の間人気が高い群馬や福島にある国立公園ですが、日帰りで行ける事に加えて1泊3日・2泊4日といった宿泊が可能なプランも設定されています。1泊3日といった日程になるのは深夜に都心を出発するスケジュールを採用しているからであり、バスツアーの場合は車中で仮眠を取って日の出頃にトレッキング開始となります。...

  • 知識を増やす

    • 尾瀬国立公園へハイキングに行くなら、日帰りでももちろん行けますが、宿泊で行くのがおすすめです。というのも、尾瀬は群馬・栃木・福島・新潟の4県にまたがる広大な湿地帯で、定番ハイキングコースの多くが5〜6時間ほどかかります。...

  • おすすめ情報

    • 群馬県をはじめとした3県に位置する尾瀬は、東京や神奈川といった都会方面からアクセスのしやすい観光地として長く人気を誇っており、バスや新幹線といった交通機関を使ったツアーが組まれています。1泊2日で初日に現地近くのホテルや民宿に泊まるプランを選んだ場合は、温泉がある施設が多いのでゆっくり休んでから翌日の尾瀬トレッキングを楽しむ事ができます(群馬県側は水上温泉や尾瀬戸倉温泉等があります)。...

top